煌きの種

世界は煌きに満ち溢れてる~★

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練 07/31


一時帰宅で


私と父が実家に持ち込んだもの



水1.8ℓ



友人たちの勧めにしたがって

除湿剤18個 タンス用が24個
(一部屋最低2つ以上)







そして


私たちが帰宅しない事で


どこかへ行ってしまったであろう

猫の為に


カリカリのキャットフードを2袋7kg








足りる量では全然ないけれど


マイクロバスに分乗して

周りに迷惑をかけず

二人で運び入れるには限界に近い量だったと思います







背丈以上もあるが雑草が庭に生い茂る中



自宅に滞在できる時間は

2時間





家の外を見回りながら





以前通り・・・
餌を準備する時にしていた


猫の呼びよせをしました





鶏は、

留めておいた小屋の戸が全開となっていて

別な小屋は 針金の扉の大きな穴がいてました


で、

一羽の姿も確認できませんでした



生きたまま他の動物に捕食されたのだろうか

餓死した挙句に何かに獲られたか

どんな末路だったのか、、、頭を擡げます





金魚は、

エアーを止めてあるにもかかわらず

生簀の中を変わらぬ姿で優雅に泳いでいました


ランチュウにオランダにピンポンにコメット等々・・・


父が

娯楽で集めた

いろんな種類の金魚を数十匹。




どうにか救出したいけれど



持ち出せるペット(犬と猫)ではないため

家に残っていた餌を投下するだけでした。




裏の畑は




というか

アスファルトやコンクリート以外

元、地面だった土地は


すべて藪化しています。


見知った景色は

ものすごい量の緑に覆われて変わっていました。





外を見回る間
父がクロ(娘)を確認したようですが


防護服を着た私たちに

彼女の
警戒心が勝ってしまい

逃げていってしまいました




残るタビ(母)は・・・

餌を与える時彼女がよく居た定位置に

姿を見せてくれました



彼女は
もう駄目だろうという気持ちが90%以上あったので


その姿と鳴き声に

安堵したのも一瞬





骨と皮のガリガリに

小さくやせこけた状態に絶句







餌を皿に入れる音を聴きつけ

ヨタヨタと駆け寄ってきてくれました



体重1キロも
無い様子に手が震えてしまいました


保護申請時に借り受けた
キャリーへ

餌と水で誘導し保護しました。

そして

すぐ

申請動物を回収する役の

保健所の方へ預ける事が出来ました






生来野良だったけど


特定のキャットフードしか食べない

小鳥しか捕まえる事を見たことがない

10歳を大きく上回る年齢のタビ


警戒区域になる
4/22日に3キロのフードを置いただけ



今まで

どうやって生きててくれたのかな




避難当初

連れ出してあげれなくてごめんなさい


生きていてくれて

本当にありがとう






あっという間の

2時間経過で
集合の合図がありました


猫の保護に時間を費やしてしまったけど

あともう少し



居る事ができたなら




クロも保護できたはず



持ち出すものを吟味できたはず


震災で落ちた瓦で雨漏りが酷くて・・・

屋根の補修も出来たはず




あれもこれもと・・・・




未練タラタラだよ


******************

タビは
保護できたその日のうちに
父が居る仮設住宅へ移動しました


いずれ
また生活できるところが決まったら

今度は一緒に連れて行きます。


現在

ウチの仮設住宅は
室内にミキ(犬)とタビ(猫)
室外にロッキーと
大所帯になってます

スポンサーサイト

一時帰宅 07/30

震災以降 警戒区域となっている我が家への


一時帰宅が叶いました!!!!






5月のGW後すぐに帰宅できると思っていたけど


叶ったのは



実に

4/22日から3ヶ月と1週間ぶりデス。





最後に帰宅してから心に影を射すのは





飼っていた金魚・鶏

放してきた猫の事








人のいなくなってしまった町で





もう・・餓死も同然だろうと






毎日 実家のことは考えないように







考えたら




心が病みそうだった









正直

いろいろなものを諦めてました






でも

ネットを巡ると



避難区域内で保護された動物たちを目にすることしばしば




自然と



『運よくウチの猫が保護されていないかな~』と





帰宅できるという連絡がない日々


命の砂時計の影におびえる日々






保護活動をしているサイト巡りが


心の支えでした




もういないだろうと諦めて、でも未練で、



タビとクロ 



私の愛猫(母娘)を救出すべく


帰宅直前

一時帰宅の集合場所となる体育館で


猫の保護を申請しました。

問題はそこかっ?! 03/16

布団を取り込むのに


部屋をお掃除


掃除機を掛けようとスイッチを入れたら

掃除機の吸い込み音嫌いな
タビ(猫)


コタツから、のそのそ・・



ベランダへ避難して行きました





ふかふかの布団



取り込み終えて




猫にも部屋(コタツ)へ戻るよう促したのです







P1010253.jpg

警戒中のご様子



気が落ち着いたら戻ってきてねと




ベランダに続く窓

数センチ 隙間を空けておきました







一息ついて
PCに向かっていたら


背後で

バリバリと


奇妙な音が・・。






実は
↑の写真

[ 警戒中 ] ではなくて・・・・

 ・・・・果たして~この隙間は通れるか? 


考え中だったらしい(;´▽`A``






彼女が通り抜けるには
あと数センチ

足りなかったようです





その後も



戻れないと布団に当たり騒ぎつづけるので








広げてあげました



タビ
スリムにおなりなさい、そしたら戻れるからb


寝てばっかりじゃダメなのよ!
(おばあさんだから仕方ないのかな~



いや

それより
軽く動くんだから窓のほうを開けて頂戴^^;




飼い主(ありる)も

そろそろ
スリム計画立てないとマズイかも^^;

斜め 02/02

私の部屋にある 一人用の角コタツ

今朝も猫がお泊りしました



しかもね~


このシーズン
はじめて



2匹
同時にコタツ入り♪


親子ですが


人間の親子でもいろいろ有るように



2匹の仲・・・
必ず
仲が良いとは言い切れない




微妙な関係






親の方
一緒に入いる事を我慢している感じ


娘のほうは(親の縄張りだからか)
すっごーく

遠慮がち





二匹の話し合いは

距離のある
対角の位置でなんとか収まった 様です








猫が対角を陣取ってしまったので




私の入るスペースが残された部分




Σ斜め?!


そう

二匹とは逆の対角

(コタツの足がある)


斜めにしか入れないって事

現在
ありる


コタツ時間が 大 窮 屈!!

初撮影~byきみまろっ 05/01

デジカメで初撮影

モデルは
タビw
P1000002.jpg


なかなか
良いポーズをとってくれません



P1000004.jpg






もう!しょうがないな~と

半ば しぶしぶ・・気味な表情^^;




P1000005.jpg



P1000006.jpg

 | HOME |  »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事&総記事数

全タイトルを表示

カテゴリー


FC2Ad

プロフィール

ありる 

Author:ありる 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。